朝のデトックス習慣。ヨギティー(Yogi Tea)のデトックス(detox)を淹れてみた。

朝方、最近読んだ全ての小説がごっちゃになったような夢を見て、不思議なふわふわな気分で目が覚めました。
6時半。

夫はやはり、ぐーすか寝ていて、ねこたちは、にゃおにゃおとゴハンの催促。
とりあえずバスルームに行き、わくわくの体重測定。

や、やったーーーーーーーー!
ずっと超えられなかった壁があったのだけれど、ついに超えていた。
今日こそ越えるという不思議な確信があったのだけれど、400gも下回っていた。嬉しい。

その後顔を洗って、ぼさぼさの髪をたばねて、さらにクリップでとめて、やっぱりあのちょんまげヘアーに。
たまとぽちには、ツナチョビー(ツナとアンチョビ)の美味しそうな高級ドライフードと、日本から買ってきたマグロ味の下部尿路に優しいドライフードをあげました。

ほんとうは、彼らはお皿を別々にしなくてはいけないんだけれど、違うお皿に盛ってもどうせ途中で交代したりするし、トイレだって水色とグレイの2つ用意したのに、1匹が水色のトイレで用を足せば、もう1匹も続いて水色を使う、という謎のシェア精神なので、諦めてるの。やれやれ。

その後、水道のお水を30秒くらい出しっぱなしにして、水の入れ替え。
ねこたちのお水も交換して、オレンジ色のケトルにたっぷりお湯を沸かして、昨日買ったヨギティーの「デトックス」を、白いポットにたっぷり淹れる。

いつもはここでコーヒーなんだけれど、人間は、朝は排泄の時間らしいので、この時間でデトックスティーを飲むのが理にかなっているのかな、って思ったのです。

5~10分蒸らすということだったから、7分蒸らしてみる。
オレンジ色のぽってりした厚手のマグカップに注いでみると、香りの第一印象は、チャイ。でも、なんか違う。なんか奥に、よく分からないの香りがが潜んでいる。・・・なんだろう、これは。
amazonレビューに「お線香の香り」と書いてあって、言われてみれば、分からなくもない。
言い得て妙。

味は、すっきりしていて、香りと比べてチャイっぽさは意外と無くて、ちょっぴりスパイシーで、美味しい。

さて、デトックス効果はどうでしょう。
とは言え、結局、朝のコーヒーを我慢できなくて、右手にアイスコーヒー、左手にデトックスティーがある状態です。
デトックスへの道は遠い。

さ!
仕事するぞーーーーーーーーー!


 

関連コンテンツ