酔うワインと、酔わないワインの違いが知りたい

酔うワインと、酔わないワイン。
何が違うのかしら。。

このブログのトップ画像を作ってくれたazuと、最近ワインにはまっています。
きっかけは、貧乏だから。笑
飲みに行って一番安いワインをボトルでいれれば満足できる!!!
という安易な考えから、ワインを飲み始めました。

ちなみにいつも赤。
なぜなら、体に良さそうだからです。笑
ポリフェノールで、抗酸化!
アンチエイジング!みたいなのを狙っています。
食品科学が専攻だったのに、栄養とか、食品機能については専門外だったため曖昧だけど。
もっと勉強しておけばよかったわ。

昨日もazuと、夜の青山で飲み食べ♡

26e0f726.jpg


1番始めにワインを飲んだ夜は、一本あけても、まだいける!
って感じだったのに、昨日は酔っ払い!
初めに酔っ払わなかった理由はなぜだろう?と理由を考えてみました。

•ごはんを食べたあとに飲み始めた
•ナッツをひたすら食べていた
•水を飲んでいた
•azuの方がたくさん飲んでた
•オシャレな店だった
•希望あふれる話をしていた(ような気がする)
(昨日はわたしもイライラ話をしてしまったのだ)

なんか箇条書きしてたら見えてきた!!
ワインの種類のせいじゃないかも。

つまり、
空腹時は避けて、
水を挟みながら、
楽しい話をする。

これだ!!
なるほど。

楽しいときはお酒。
辛いとき、イライラしているときは、珈琲と甘いもの。
これに限る!

さて、私は最近のもやもやを解決するために、今から本を読みます。
「怒らない技術」
を読んでイライラを無くすのだ!

iPhoneからの投稿