インスタントポットで玄米を発芽させよう実験!【その1】




ハワイ在住aki(@aki.hawaiineko)のブログへようこそ!

昨日はインスタントポット(電気圧力鍋)で、玄米を発芽させよう大実験をしましたっ!

玄米を発芽させると毒素が無効化される(?)とか、消化に優しいとか、栄養素が高まるとか、色々あるらしいですが、個人的な狙いは消化に優しいところです。

日本には炊飯器で発芽から炊飯までやってくれるっていうのがあるみたいなんだけど、アメリカ暮らし。家にあるもので頑張る。

まずはインスタントポットに玄米と小豆をあわせて2合入れる。割合は適当。

お水を2.1合くらい(適当)入れて…。

ヨーグルトモードをオン!「稲は積算温度100℃で発芽する(30℃だったら3時間ちょいってこと)」ってネットで見たので3時間半でいけるかなーと思ったんだけど

全然発芽する気配がないので結局9時間もヨーグルトモードで。ちなみにヨーグルトモードの温度は体温より高いぬるま湯って感じでした。

うちには温度計がないから何度になってたか分からないけれど、ネット情報によると、106-113F(41ー45℃)くらいらしい。

9時間後の玄米と小豆。

ふっくら水を吸ってます。

とりあえずこの時点で夜だったので、実験は中止してそのまま炊いちゃうことに。次は夜から漬け始めて9時間以降を見守る!

で、そのまま水を変えずにマルチグレインモードで炊いてみたら!じゃじゃーん!小豆ふっくら、玄米もっちりの最高に美味しいごはんできた…。

今まで食べた玄米で1番美味しいのできた…!コストコで買った安いカリフォルニア米なのに!

このふっくら、もっちり感、本当に玄米?って感じです。最高。インスタントポット持ってる人はぜひぜひやってみて~!

ちなみに…。日本の皆さんには、玄米を発芽できる「なでしこ健康生活」っていうのが人気らしい。2時間で発芽するってどうなってるの~!すごいよね。



もしくは、ヨーグルティアっていう発酵メーカーで発芽させる人も多いっぽい。私はこのヨーグルティアを使った人の記事をたくさん参考にしたよ!

 

それにしても日本に行く度に買おうか悩んでいた発酵メーカー。

インスタントポットでできるんだから、ありがたいわ、ほんと。私の買ったモデル(NOVA)は温度設定ができないのが残念だけども。あと納豆作りたいけど夫に反対されてるのも切ないけれども!

インスタントポット、こういうアプリと連動しているやつだったら温度設定できたのかなあ?

でもまあ、昨日炊いた玄米美味しすぎたので、発芽はしなかったけど大満足でした。次は9時間以上の実験を継続するぞー!おー!

 

関連コンテンツ