初めて「アメリカの病院好きかも」と思ったよ。クイーンズメディカルセンターにて乳がん検査。




昨日はクイーンズメディカルセンターへ!
場所はダウンタウン西側の山側、という感じ。
家からせっせと歩いて20~30分くらいでつきました。

歩いてて気持ちいい!
2015-07-08-05-33-34

2015-07-08-05-34-50

見えてきた!ここが!病院!
6cd78717.jpg

なんだかホテルみたい(笑)
c4eb0c78.jpg

それにしても良い天気なのよ。
2015-07-08-05-38-51

どこにあるか分かるかな?と思ったけれど、正面入り口入ってすぐ。
Women’s Health centerがあります。

受付のおばちゃんスタッフは不愛想で、イライラしていて、飛んでる虫にも悪態ついていたのでちょっぴり嫌でしたが、なんとか手続き終了。
テーブルのところに、無料で通訳をつけられる、って書いてありました。すごい!
まあ、わたしは、ハワイに来てから病院行きすぎてもう慣れたので、むしろ病院でしゃべる英語が一番緊張しないのですが(笑)

わたしの安い保険では約300ドルかかるけれど、もしかしたら安いかもしれないし、もうちょっと高いかもしれないらしい。でもとりあえず300ドルをクレジットカードで先払い。
さすがアメリカ。病院も、回収するのが大変だからって先払いにしちゃうなんて!
2015-07-08-05-40-14

ハワイアンミュージック流れる快適空間で、この紙を持って待っていると、看護師さんが呼びにきてくれます。
0186b977.jpg

待ってる間に見ていたら、フリーWi-Fiまで完備!
ホテルか!繋げてみたけれど、スピードも速くて快適。
06cbd4b0.jpg
 

綺麗な看護師さんが呼びにきてくれました。

わたしは今回は、マンモグラフィーと、エコーの予定で、マンモが先の予定だったんだけれど、「若いから」ということでエコーを先に。

繊維腫があって触ってばっちり分かるんだけれど、やっぱりエコーにほとんど映らなくて苦戦。
日本で針生検と、MRIをやったことを伝えて、日本から持ってきたデータ(MRI、X-ray、エコー、針生検)を全部渡しました。

そこで、専門医のドクターが登場!
優しそうな賢そうなイケメンおじさんドクターでわたしのタイプでした(笑)

しかしMRIのCDロムが、うまく読み込めないらしく(解析プログラムが違うらしくて、よくあるらしい)、画像は見れないらしい。
それでドクター自らエコーをやってみる。
うつるのは針生検の跡ぐらいで、やっぱり、しこりが映らない。

結局、「マンモはどうせ too denseでうつらないから、6ヶ月毎にエコーのみでフォローアップしよう。繊維腫なら同じ大きさのはずだから」ということになりました。(実際1月に撮ったときは写らなかった)

日本だったらきっと、「まあとりあえず、マンモもやっておくか」とかってなると思うの。
でも、アメリカって「必要なもの」しかやらない!

ここで初めて「おお~アメリカってなんて合理的なんだ!」って思いました。
きっと日本と違って医療費が高いから、個人の負担とか色々考えて、そういう風になっているのかもしれないけれど。

とりあえず、初のアメリカでのがん検診、無事に終わりました。ホッ。
これからもこの繊維腫さんと共に生きていかねば。

ちなみに、検査をひとつしかやらなかったから安くなるんだろう!と思って受付のおばちゃんに帰るときに確認したら、「クレジットカードで支払ってるからリバースする」とイライラしながら言われました。
ちょっとくらいニコッとしてくれればいいのにな。
隣のお姉さんはニコニコしてたんだけれど。

 follow us in feedly
+++++
【ブログに初めて来られた方は★コチラ★をどうぞ】

ハワイネコakiの「ハワイに住みたい! #マハロン」
///ハワイラヴァーのためのオンラインサロン運営中

Aloha Morning! ///「朝時間.jp」からハワイの朝時間をお届け!
ackey518|インスタグラム///毎日リアルタイム更新!
ハワイネコ|フェイスブックページ 
+++++