留学を決めたきっかけ、理由。(2)




「よくある質問シリーズ」、留学を決めたきっかけ、理由。(1)の続きです。

(1)で書いたように、長期留学を諦めた私。
でもどうしても留学してみたかったので、短期留学に1ヶ月行くことにしました。

場所はハワイ。
なぜハワイかと言うと、
・アメリカ(アメリカという場所に憧れていた。何でか分からないけれど。。)
・天気が良い!
・公共の交通機関が発達している(ホストファミリーに頼らなくてもどこでも行ける)
・治安も良い

これらの条件を満たしていたのがハワイだけだったから。

20歳の夏、こうして初めて1人で海外へ。
不安で空港でブドウジュース飲みながら1人涙したたなあ。。。
当時の彼氏から貰った手紙を読みながらステイ先で泣いたなあ。。。
懐かしい。

ちなみに、この時のお金は、最初に払う費用(飛行機、家、学校)は両親に払ってもらい、現地で使うお金は自分の貯金とクレジットカードという名前の魔法のカード。(後に返済のために必死にスタバで働くことになります)
両親には本当に感謝です。

この時、私はハワイで、ものすごく素敵な経験をしました。
日本では、ずっと毎日忙しくしていて、本当に文字通り朝から晩まで動き詰め。
朝4時に起きてバイトして、学校行って、課題やって、友達と遊んで。。。
手帳も予定ぎっしり。

そんな、ぎゅうぎゅうの毎日から、
のんびりのんびりした、暮らしに全然慣れなくて。
「どうしよう、やることがないよ。」と最初の2週間くらい焦っていましたが、最終的には「何もしない」を楽しめるようになりました。

それまで、人生(といっても20歳の若造でしたが)、それなりにプレッシャーなんかを感じながら、トゲトゲしながら生きてきたけれど、こんな風に生きていいのか、と思いっきり衝撃を受けた1ヶ月。

ホームステイ先がハワイカイという高級住宅街だったのも手伝い、朝からジョギングするお兄さんお姉さん達はすれ違いにいつも「good morning!」と言って爽やかに走り去り、何もかもが落ち着いてキラキラしている生活でした。

そんなハワイ生活の衝撃を受けつつ、日本へ戻ってきて普通に就職した私がなぜ留学を決めたのか!は(3)へ続きます。
(以外と長くなってしまった。)